「十年来の友人」との再会

先日、最寄りの駅で学生時代の友人と偶然再会しました。

2,3年くらい前にたまたま街中ですれ違って、挨拶だけ交わしたことがあったのですが、

会話らしい会話をしたのは10年以上ぶり。

久々に交わす彼女との会話は、とても楽しいものでした。

彼女の人柄の良さが全く変わっていないと分かりました。

その中で一番心に響いたのは、彼女が何気なく言った

「十年来の友達だろ?」という言葉。

自分にとっての友達は、どれだけ長い間会っていなくても友達のままです。

幼稚園の頃一番仲良しだったけれど、小学校が違って、

それっきり会っていないN君だって今でも友達です。

でも、みんながみんな、そういう価値観じゃないことは知っています。

時が経てば自然と「友達」から「昔友達だった人」に格下げする人もいるでしょう。

それが悪いとは思いません。

性格の良し悪しではなく、単なる考え方の違いだと思います。

けれど、彼女にとっても自分はいまだに「友達」であれた。

きっと、彼女は自分と同じ友達観を持っているのだろう。

そう考えると、自然と嬉しい気持ちがこみ上げてきました。

実は、それよりさらに数日前、

新しく出来た友達が、打算的な目的で自分に近づいてきたことを

悟ってしまう出来事がありました。

そのせいで、「友達」という存在に対して、懐疑的な気持ちになっていました。

だからこそ、彼女の言葉は余計に心に響きました。

直接言っても多分戸惑わせるだけだし、恥ずかしいので、

この場でお礼の言葉を言いたいと思います。

Iさん。ありがとう。

Iさんの何気ない一言で救われました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です